ニュース・情報

従業員一人当たりの利益、一番は任天堂。

下記の記事をみましたが、すごいですね。
GSの平均年収7,000万円はびっくりです。

任天堂の従業員はゴールドマン・サックスの従業員よりも稼ぐ―FT2008年09月17日22時34分41秒

英紙Financial Timesは独自の試算で、任天堂の従業員一人当たりが稼ぎ出す利益は、世界一の投資銀行であるゴールドマン・サックス(GS)よりも高く、Googleを遥かに上回るというレポートを発表しました。

任天堂の2009年3月期の純利益予想は4100億円で、それを従業員数で割ると一人当たり1億6000万円となります。

GSは一人当たり約1億3000万円、Googleは約6700万円だそうです。

また、任天堂は利益額が大きいだけでなく、税引前株主資本利益率でもGSと並ぶ成績を上げていて、いかに資本的にも効率的な経営が行われているかが分かります。

一方で、GSの平均給与が約7000万円で、利益のほぼ半分を従業員に分配しているのに対して、任天堂の平均給与は約980万円となっています。

日本企業の平均と比較すると良い数字ですが、こちらは投資銀行と事業会社の性格の違いが現れた数字になっています。

iNSIDE にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.inside-games.jp/

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.inside-games.jp/news/312/31223.html

関連記事

  1. GIZMODO JAPAN

  2. 透明マント

  3. ホリエモン 堀江貴文 / 仮釈放

  4. Saab破綻

  5. 調べものなど

  6. あまりにもマヌケなゴールキーパーの動画! マヌケすぎて520万回も視聴…

PAGE TOP