ベトナム/ホーチミンシティ

ベトナム/ホーチミンシティ

旅行(特に海外)は好きです。
1年位前にベトナムに行きました。
ベトナム人と知り合いになり、今でもたまに連絡をとっています。
ベトナムは社会主義国家ですが、日本と国民性が近いと言われています。
勤勉な国民性で就業形態も終身雇用等を取り入れている会社多いそうです。
近年、非常に成長しているので、ベトナムでビジネスをしたいなと思いましたが
色々障壁もありそうですね。
当時はベトナム株が大高騰中のピークでしたが、今はどうなんでしょうか。
今後、まだまだ伸びていきそうな国だと思っています。
▼ベトナム 概要 (JETRO)
【食事】
自分は好き・嫌いが少ないので、美味しかったです。
フランス文化の影響だと思いますが、パンが美味しいです。
もちろんベトナム料理が主体ですが、馴染みある東アジア系の食べ物があり
不自由はしないです。都市部はフランス料理もあります。
生野菜は食べなかったですが。
唯一、まずかったのはベトナム航空の機内で出た肉?です。
ブリジストン製かと思いました(因みにバンコク→ホーチミンというルート)。
【物価】
安いです。但し、値札が ほとんど付いてないです。
自分は、なぜか一発で日本人だと見抜かれるので、かなり吹っかけられました。
なので、ボラレないよう交渉します。 毎回、交渉は疲れます。
東南アジアへ行くと物価が安いこともあり、マッサージには頻繁に行きますね。
お店を間違えると途中からエロくなったりしますが。
【飲み】
毎日結構遅くまで飲んでましたが、面白かったです。
海外は街で飲んだり、飲み屋で地元の人たちと話したりといった、リアルな異国の
雰囲気を感じられるのは楽しいです。
クラブなども面白いですね(学生のとき以来、日本では行きませんが)。
ただ、夜は必ずホンダガールに声をかけられてました。
【観光】
ホーチミン近辺の観光地は一通り行きました(ベンタン市場、戦争記念館など)。
自分は 大抵、観光地や遺跡・寺院などは さらっと流す感じです。
専門家やプロじゃないので、じっと見ていても何も分かりません。
海外へ行く場合、観光地も一応、行きますが、観光地以外には必ず行きます。
そちらの方が面白いことが多いです。
【人】
あまり愛想は良くないなという第一印象は感じでしたが、日本よりは良いと思います。
(そう感じたのは、微笑みの国タイへ行った後だったからかもしれません)
人柄は、真面目というかチャラチャラしていない感じはあります。
みんな若いです。 国民全体の平均年齢は約26歳。だいたい自分の年下です。
<ベトナムの総人口は約8,300万人。人口の70%が30歳以下>
【街】
バイクが異常に多いです。しかも信号がないです(2箇所しか見かけませんでした)。
3人乗りも普通にしています。 危ないです。
街並みは、これから発展という感じです。 ベトナム戦争の傷跡も見られます。
外国人は少なめです。 都市部は英語が通じます。
日本語も通じる店も少しあります。
(アオザイステッカー?が張っていある店は通じるらしいです)
また、フランス領だった歴史的背景からフランス語も通じるようです。
フランス文化も散見できます。
インターネットカフェもあります。
HoChiMinhCity
バイクが多かったで日本に戻った後、気になり ちらっと調べましたが、バイクだけ
関税が安く、車などは異常に高かったのを覚えてます。
ホーチミンシティ中心に周ったので、次はハノイ方面に行きたいですね。

コメントする