パソコン・WEB

社員ブログのメリット・デメリット

数年前からベンチャー企業などで「社員ブログ」を載せている会社が増えています。
企業としてリクルーティング効果や企業広告、社内コミュニティの活性化・情報の共有化などがあると思います。
但し、利害関係のある方々も見る情報ですので、リスクもあるのでガイドラインは必要そうですね。
【ブログ・ガイドライン】
1. 雇用の契約内容に守秘義務があることを忘れない。
2. ニュースを発さない。守秘情報は公開しない。
3. 読者からの情報などは、著作権・特許などの絡みもあるので取り扱いに注意。
4. 前にいた会社に敬意を払い、その情報を書く際には気をつける。
5. 自分自身が誰で、マイクロソフトで働いていることを公開する。
6. 企業責任の問題もあるので、サポートやアドバイスをする時には注意が必要。
7. 個人の意見として公開。
8. 「Post」のボタンを押す前に、どのような反響があるかを考える。
※2005年2月日経BP/マイクロソフト社が作った社員へのブログガイドラインより引用。
▼社員ブログのリスクと最低限必要なルールとは/CNET Japan
http://japan.cnet.com/blog/webinsight/2007/03/21/post_bb1d/
ガイドラインから少し逸れますが、かなり前に海外の方と一緒のチームで作業することが
ありましたが、宗教・政治に話は禁句と上司に言われたのを思い出しました。
とりあえず、食事の話なんかは無難とのこと。
気付くと今でも海外の方と話すときは無意識にそうしていますね。
自分の会社でも社員ブログを行うものか考えたりもしましたが、今のところしていないですね。

関連記事

  1. 【Windows8】ナレーター機能をオフにする方法(音声案内/読み上げ…

  2. ニュースのポイント/ブログ

  3. ノートPC電源にオススメ直結プラグ

  4. Twitterで相互フォロー(相手が自分をフォローしているか)を確認で…

  5. 本家・米「Groupon」が日本進出 ~ 「グルーポン・ジャパン」を設…

  6. 気になるWebサービス

PAGE TOP