ファクトリー・ガール

ファクトリー・ガール

この映画は、アンディ・ウォーホールの有名なアトリエ?ファクトリーでの話なのでウォーホールに興味が無い人は面白くないかと思います。
主役のイーディ役を演じるシエナ・ミラーがかわいいです。
シエナ・ミラーは、ダニエル・クレイグ主演のレイヤー・ケーキで見て以来好きですね。
自分がこの映画を見た理由はこちらの方が強いです。
あとは、60年代のファッションもかっこいいですね。
ウォーホールの映画は他にもありますので、ウォーホールの自伝などを見た人からすると内容的には特筆することはあまりないです。
ウォーホールに対しては、実態がどうなのかは分かりませんが、今回は好意的ではない描かれ方です(こっちが本当かもしれませんが)。
ポップはコピー&ペーストと本に書かれていましたが、まさにウォーホールのシルクスクリーンはそのままですね。

全く話は変わりますが、ついにクライスラーがチャプター11申請。
フォルクスワーゲン、フィアット、トヨタの3強に集約されていきそうですね。