仕事・ビジネス

【弾丸】軍艦島/軍艦島ツアー/持ち物/服装/予約/スケジュール/福岡出張

4月中旬に福岡に行った際に何とか「軍艦島上陸ツアー」をスケジュールに押し込んで行ってきました。
世界遺産に立候補している軍艦島ですが「進撃の巨人」の映画の舞台にもなるようで注目度が増しています。
福岡出張のついでに半日で見学から戻ってくることも可能です。
※当たり前ですが特に福岡に用事がない方は普通に長崎へ入ったほうが良いです。

今回の私のスケジュール、持ち物等は下記になります。

◆フライト
SKYMARK / SKY003便
羽田発 07:40
福岡着 09:35
< コメント>
急でしたのでたまたまSKYMARKを予約しました。
福岡空港に到着後、空港内で午後14:30出航の軍艦島ツアーにTELにて予約を入れました。
天候や波の状況で船が欠航になることがあるというのは知っていたので、事前予約しておいて、欠航となるのは時間的ロスからも避けたかったため当日海の状況を確認して予約を入れました。
私は軍艦島コンシェルジュというツアー会社を予約しましたが他にもツアー会社がありますね。

◆電車
福岡空港(福岡市地下鉄空港線)→博多(JR特急かもめ)→長崎 / 片道4,450円 / 乗車約2時間
< コメント>
14:30出航のツアーが無事予約出来ましたので目的の桟橋に向かいます。
スーツケースは空港内のコインロッカーに預けて行きました。
電車移動では、特に問題なく行けましたが他に高速バスという移動方法もあります。
高速バス九州号の場合は、福岡空港→博多→長崎駅前で約2.5時間予定となっています。
料金は2,830円(電車260円+バス2,570円)と電車よりも安いです。
私は土地勘がなく時間が遅れると嫌だったので電車を選択しました。
JR特急かもめ号については、私は予備知識がゼロでしたが、天気も良かったため
有明海を眺めながら移動でき景色を楽しめます。

・長崎駅→常磐桟橋への移動
私は、長崎駅から根幹島コンシェルジュの受付場所の常磐桟橋まではタクシーで行きました。
距離的には近いです。時間と料金は、10分、1,000円以内でした。
タクシーの初乗りが東京よりも安く510円だったと思います。
行きが900円位で帰りが700円ちょっとだったと思います。

◆軍艦島ツアー
いずれも値段・内容は似ていて、午前と午後の2便で出ていて、料金は4,000円位です。
私は軍艦島コンシェルジュを利用しました。丁寧な解説もあり良かったです。
タクシーの運転手さんの話でも次々ツアー会社出来ているようです。

軍艦島コンシェルジュ
http://www.gunkanjima-concierge.com/

やまさ海運株式会社
http://www.gunkan-jima.net/

軍艦島ツアー
http://www.gunkanjima-tour.jp/

軍艦島上陸クルーズ
http://www.gunkanjima-cruise.jp/

▼軍艦島クルーズができる船会社をまとめてみました
http://ekagen.net/archives/19937778.html

◆持ち物/服装 等 ※4月中旬
基本的に普段着でそのまま行けます。私は下記状況を想定して持ち物などを選びました。
・約30分ほどで軍艦島に到着、その間は船の中
・船は甲板に出ることも可能
・軍艦島に上陸
尚、当日の天候は晴れ時々曇りです。
服装は、その時期(気候)にあった服装にプラス1枚羽織るものがあれば問題無いと思います。
靴は、ヒールやビジネスシューズで行く人はいないと思いますが歩きやすいほうが良いです。

< 服装>
・ジャケット
・Tシャツ
・チノパン
・スニーカー

< 持ち物>
・ミラーレスカメラ+レンズ(NEX5R + SEL24F18Z)
・撥水性ウィンドブレーカー(アークテリクス/セレリス)
・ハンカチ/ティッシュ
・小型撥水カメラバッグ(アルティザンアーティスト/ICAM-210H)
・帽子(ワークキャップ)

< 持って行って良かったモノ/持って行った方が良いモノ>
持って行って良かったものは帽子です。これは役立ちました。軍艦島は日影がなく晴天ですと日差しが強いです。
持って行ったほうが良かったものは、酔い止め薬ですね。
私は船酔いしやすくないため、全く問題ありませんでしたが、酔いやすい方は、酔い止め薬はあったほうが良いと思いました。
軍艦島を船上から観るために停泊することが何度かあります。
移動中は良いですが停泊すると波の影響を受けますので船内がけっこう揺れます。
あと、強いて挙げるとサングラスでしょうか。

◆簡単な感想
私はクルージングが好きということもあり軍艦島上陸ツアーは楽しめました。
ツアー中は、歴史的背景や周辺地域、戦艦武蔵を創った造船所の解説もあり、興味深く見学出来ました。
どうしても歴史的背景の中でインパクトのある太平洋戦争の話も避けては通れないため、
なんとなくですが男性向けな気はしましたね。

ちなみに軍艦島は通称で正式名称は端島(はしま)という名称です。

◆端島(はしま)/Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%AF%E5%B3%B6_(%E9%95%B7%E5%B4%8E%E7%9C%8C)

関連記事

  1. 【ビジネス】あなたの会社の存在意義は?/サイモン・シネック(Simon…

  2. LIFEPACKING(ライフパッキング) / 高城剛 【2WEEKS…

  3. パワースポットマップ

  4. レッツノート / タッチパネルを無効にする方法 / Window8 /…

  5. 【本】いつまでも社長がワーカーはダメらしいです/ガーバー流「仕組み」経…

  6. 手帳/フランクリンプランナー

PAGE TOP