はじめてドローンを買ってまずやったこと/DJI Phantom3 Standard

ドローンはクリス・アンダーソンが3Dロボティクスを作ったり、世界的にはかなり注目されています。
私も以前から気になっていたのですが、日本ではニュースで悪者扱いされていて「気にはなるけど購入するまでは」と思っていました。
購入のキッカケは、昨年知人がドローンを買ったのとドローン関連の本を読んでみたら「とりあえず自分も買ってみよう」と思った次第です。

まずはどのドローンを買うか

どのドローンを買おうかと情報収集してみると、私が言うまでもなく以下の3社に限られてきます(トイドローンは除く)。

  1. DJI | 中国

http://www.dji.com/

  1. Parrot | フランス

http://global.parrot.com/jp/

  1. 3DRobotics | 米国

https://3dr.com/

私はDJIのPhantom3 Standardという王道的な選択にしました。
「人気モデルのため情報が多い点」「プログラミング出来る点」「機体の評価も悪くなく入門にはバランスも良さそう」が理由です。
プログラミングは、スマホでいうDJIがiPhone的なクローズドでParrot、3Dの2社はオープンソースでAndroid的と大きな違いがあります。

まずやったこと

  • ドローンに電源を入れて準備

まずはちゃんと動くかの確認です。
その前にDJI GOというアプリが必要です。併せてDJIにアカウント登録します。
基本的にドローンは、プロポにスマホ(またはタブレット)をセットして使います。
またファームウェアのアップデートも必要ですが、これは電源を入れると自動的に表示されますので、そのまま進めて更新されます。
やや時間がかかります。
尚、ドローン本体の電源の入れ方ですが、電源ボタンを一度押下、二度目を電源ボタン長押しでオンになります。

続きを読むはじめてドローンを買ってまずやったこと/DJI Phantom3 Standard